子供の手汗の原因と医療機関での治療法

子供の手汗には幾つかの原因が考えられます。手の発汗量が多い理由としては精神的な興奮状態が挙げられ、興奮した状態が神経伝達を促し大量の発汗が起こる事が知られています。


しかし、精神的な要因で手に汗を掻く場合は興奮している時のみであり、興奮が静まれば汗も掻かなくなる事が特徴です。子供の場合は性格が影響する事も多く、内向的な子供は緊張を強いられる機会も頻繁にあります。そのため、必然的に精神性の多汗症となるケースが多いのです。



そして、子供の手汗は汗腺が多い事も原因です。これは先天的な要素が大きく関与している為に体質的な多汗症とされます。従って、水分摂取量を抑えたり、室内の温度調節等を試みた場合でも汗を止める事が難しいのです。保護者は先天的な要因の場合は無理に汗を止めるような行為に限界があることを理解しておく事も大切です。


幼少期の手汗は子供のコンプレックスの原因となることも多く、過度な心的負担となる場合には何らかの方法で汗を抑える事も必要です。病院での治療法としては汗腺を塞ぐ薬物療法が考案されており、就寝中に手のひらに塗り薬を塗布することで部分的な発汗を抑えることが可能です。


また、医療機関では過剰な発汗を止める方法として注射により神経伝達に影響を与える方法も採用されています。注射で発汗を制御する方法は持続効果が数ヶ月程度であるため、定期的に医療機関に通わなければなりません。そのため、保護者は子供の手汗の程度を見極め、最適な改善方法を見つけ出すことが求められます。


トップページへ戻る